後遺障害認定等級変更

後遺障害の認定等級が損害保険料率算出機構から届いた場合、不服を申し立てるか否かを決めなければなりません。加害者の加入している任意保険会社に任せていると等級の査定が低くなるケースがよくあります。殆どの場合、最後に示談書を交わすのですがその前に考えることが必要です。

等級の変更を申請するには医師が提出した後遺障害診断書の精査が必要ですから、後遺障害に詳しい弁護士に依頼するのが一番の近道と言えます。また、強倍保険で補償している金額は、等級判断が正しいとしても最低限度の補償ですから、任意保険会社にも負担させる補償はたくさんあるのです。弁護士に依頼して異議申立ての手続きをしてもらってください。後遺障害認定基準に合致していない症状も等級判定をしてくれる場合もあります。

後遺障害の等級が変わることにより、後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益の補償額も大きく変わりますから、弁護士費用を支払っても損をすることはないはずです。また、仕事中に被害に遭われた方は、労働者災害補償保険の適用もあり、給付を受けることができますが、交通事故の異議申立てで変更になった新等級と見比べて等級が異なっていれば不服申立てとして、労働保険審査会に再審査の請求をしてください。